実印のここが知りたい -作成、書体は重要-

実印が必要な人の中でも特に実印と書体について詳しく知りたい人のためのお話です。

こんな保管方法は絶対ダメ!

このブログでは実印作成や取り扱いについて色々ご紹介していきたいと思います。

今日はまず保管方法に関してお話していきますが、こんな保管方法はやってはいけないという、とても危険な保管方法に関して考えてみましょう。これだけは絶対にやってはいけないのが、実印と印鑑証明書を同じ場所で保管しておくということです。

この二つがそろうと、様々な契約手続きにおいて、契約が成立するケースがほとんどです。

ですので、盗難などの被害に遭うなど、万が一の場合には大変なことになりかねません。もう一つ、氏名や住所が記載されている書類や証明書などを、同じ場所で保管しないようにしてください。その理由は、氏名や住所さえ分かっていれば、簡単に誰でも印鑑登録カードを作ることができ、その際は実印や認印かなくても良いのです。

実印を保管するのに家族や親族に預けるという方もいらっしゃいますが、これも大変な危険性をはらんでいます。

といいますのは、いくら信頼できる相手に預けていたとしても、その人が騙されてしまうというような場合もあるからです。